Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

肝臓にいい健康効果の春野菜とは?

春野菜がお店に並ぶ季節ですね!

春野菜とは、ふきやたけのこ、タラの芽、菜の花、新セロリ、
新じゃがいも、新ごぼう、春キャベツなどですね。

春野菜はちょっと苦みがあるのが特長ですが、苦みや独特の香りは、春に成長する野菜が害虫から身を守るため「植物性アルカロイド」という成分をだしているからなんです。

この「植物性アルカロイド」は、冬のあいだ人間の体内に溜まってしまった老廃物を排出してくれる働きがあります。

柔らかい春キャベツは、肝臓の解毒を助ける「イソチアシアネート」の他、苦味成分の「ペルオキターゼ」という抗酸化物質は体内で発生した活性酸素を除去してくれます。

また、ブロッコリースプラウトに含まれる「スルフォラファン」が、肝臓の解毒作用を助けたり、細胞分裂を活性化して新陳代謝を促すなど、さまざまな健康効果があります。

肝臓はアルコールの分解だけでなく、体のデトックスを担う臓器ですから、最近、疲れが取れない、太りやすくなった、顔色が悪いといったちょっとした体の不調も、肝臓が弱っているサインの場合があります。

春野菜は栄養豊富なうえに解毒作用や抗酸化作用などの働きがあるといわれていますので、旬の味を楽しみながら、身体をスッキリさせましょう。

食材で健康効果を得ながら、肝臓のケアにレバウルフを!