レバウルフの飲み方&飲む前に摂取したい食品

お酒を飲むとき、お腹がいっぱいだと美味しくないですね。やっぱりキューと一杯がおいしいけど、体には良くないのです。

空腹時にお酒を飲むと、アルコールの吸収が早まりますので、飲み会前に少し食べておくことが必要です。例えば、チーズや牛乳やヨーグルトを少量でも食べておきましょう。そしてレバウルフを飲んでおけば、万全の二日酔い対策になります。

アルコールは体内で吸収されて肝臓で分解されますが、そのときタンパク質を必要とされます。飲む前に乳製品を摂っておくとアルコールの分解が早まり酔いが覚めやすいといわれています。

日頃から肝機能を高めておきましょう
二日酔いは大量に摂取したアルコールを、肝臓が分解しきれずに起こる症状ですから、飲みすぎないことが一番いいのですが、日頃から肝機能を高めておくためには、良質のタンパク質と、ビタミン類を多く含む食品を心がけて食べることです。
肝機能を高めるには、例えば、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品。
ビタミンAはレバー、うなぎ、ほうれん草。
ビタミンB1は豚肉や大豆
ビタミンB12はレバーや卵
ビタミンCはブロッコリーやキウイ
日頃からこうした食材を食べていれば、肝臓の機能の向上につながります。